膣の縮小方法~コンプレックス解消マニュアル~

女性

ゆるみは治せる

案内

人に相談しにくい膣のゆるみはそもそもがどうにもならないものだと思い込んではいませんか?専門クリニックで縮小手術を受ければゆるみは治すことができるので、決して諦める必要はないのです。

Read More

しまりは手術で

女性

膣のゆるみを改善するために縮小手術を受けたい、そう考える女性は少なくありません。しかし中々人に話しにくい悩みだからこそ、手術についてわからない部分も多いものです。どういったものなのか、知って行きましょう。

Read More

セルフトレーニング

女性

セルフトレーニングにはいくつかの種類がありますが、多くは膣圧トレーニングと呼ばれる簡単なストレッチであり、膣に力を入れて座るという事をこまめに繰り返すという簡単なものになっています。それによって括約筋が発達し、ゆるみが解消されると同時に膣縮小が可能となるのです。こうしたテクニックは経済的にも負担がほとんどなく、時間も取られない為手軽に行える膣縮小術として高い評価を受けているのです。

また、ヒアルロン酸を注入する事で一時的に縮小できるというテクニックも存在します。その場合は美容外科での施術が必要となりますが、すぐに完了する為、セルフケアのひとつであるという声も多くあります。ヒアルロン酸は肌にハリを与える成分であり、膣縮小術の場合は粘膜に注入する事でふっくらとした膣にし、それによって引き締め、縮小するという効果を与えることになります。縫合手術の場合は粘膜だけの治療は効果が薄いですが、ヒアルロン酸や膣そのものにハリを与える場合は効果的なテクニックとなるのです。
膣縮小に重要なのは、膣そのものがハリのある引き締まった粘膜を持っているという事、そして括約筋が損傷しておらず、しっかりと引き締められるかどうかという点なのです。この二つのポイントをクリアすれば、理想的な存在となり、日常生活やスキンシップでも快適な時間を過ごせるようになるのです。

膣縮小手術というものも存在しており、その場合多くは括約筋の縫合が行われます。それによって広がりやすくなった、ゆるみやすくなった膣が引き締まるようになり、尿漏れなども改善出来るというメリットがあるのです。
この場合、デリケートな部分を縫合する為、多くのクリニックでは女医が採用されており、看護師も全て女性というところが多くなっています。また、女性器形成専門クリニックというのも多く存在しており、膣縮小はそうした専門機関で受けるべきだと言われているのです。

縫合の他にはビビーブと呼ばれる施術が存在しており、高周波を膣に当てることで内部のコラーゲンを豊富な状態にし、引き締まるようにするというものです。
これはメスや縫合を用いない施術であり、痛みや負担も存在しない為、徐々に広まりつつある施術として注目されています。

デリケートな部分

女性

生まれつき、出産など様々な理由で膣の大きさが悩みであるという女性は多いです。非常にデリケートな部分の悩みである事から、相談しづらいという女性も多いですが、近年は膣トレーニングや縮小手術などが注目されています。

Read More